これから避妊薬を服用する方も、現在服用している方も、避妊薬の注意すべき点について本当に誤解無く全てをご存知ですか?避妊薬についての正しい知識を身に着けて安全に使ってください。

避妊薬に含まれるエストロゲンは月経困難症にも効果的

月経痛がひどくて、日常生活にも支障をきたすほど重い症状がある場合を月経困難症と呼びます。腹痛や腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛などが、よくある症状です。月経困難症の原因には2種類あり、子宮内膜症や子宮筋腫などによる「器質性月経困難症」と、ホルモンの作用による「機能性月経困難症」に分けられます。
機能性月経困難症では、次のような仕組みで痛みが起こります。月経は、妊娠しなかった場合に子宮内膜が剥がれて排出されるものですが、このとき子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。プロスタグランジンは、子宮を収縮させて子宮内膜や血液を体外に出す働きがあり、このホルモンの分泌量が多いと子宮の収縮が過剰になって痛みが強くなります。また、プロスタグランジンには痛みを強くする作用もあるので、頭痛や腰痛、吐き気などの原因にもなります。
避妊薬は、避妊に効果があるだけではなく、機能性月経困難症にも効果的です。避妊薬にはエストロゲンとプロゲステロンが少量含まれています。そのため、月経開始直後に避妊薬を服用すると、エストロゲンが血中にあるので、卵巣からのエストロゲン産生が抑えられ、血中には必要最小限のエストロゲンとプロゲステロンのみになります。そのため、排卵後に分泌されるプロゲステロンがあることから排卵が抑えられて避妊効果を得られます。また、エストロゲンが少なくなるので子宮内膜が薄くなり、その結果、月経の出血は少なくなり、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンの量も減って月経痛も軽減されます。
避妊薬は、婦人科での処方になりますが、月経困難症治療の場合には保険適用となりますので、費用も抑えられます。